日別: 2018年12月12日

Home / 日別: 2018年12月12日

刑務所での生活について

2018年12月12日 | 未分類 | コメントはまだありません

規則正しい生活を送る刑務所

刑務所は、刑事裁判で懲役実刑の判決が確定した場合に収容されるところで全国各地にあります。
刑が確定したら刑期の長さや犯罪傾向の度合い、性別などの調査が行われた後に場所が決められます。

各施設によって生活内容に違いはありますが、基本的には牢屋のような所に一日中閉じ込められているわけではなく規則正しい生活を送っています。

具体的には、6時半前後に起床して居室の掃除や洗面を行い人員の点検があります。
7時頃から朝食をすましてから、作業服に着替えて健康状態の確認や不正に物品を所持していないかどうかの点検が行われます。

8時頃から16時半頃まで各自で作業を行い、その間に診察や面会、戸外運動などが実施されています。
受刑者と面会できる人は細かく規定されており、親族や会社の人など重要な仕事に関係する人が面会を認められます。

面会について

面会には、年齢や性別の制限はなく、受刑者が立ち直るために必要な人や特別な事情がある場合は施設側が面会を認める場合もあります。
施設ごとに面会時間の長さに違いはありますが、基本的には30分前後となっています。

食品はや刑務所内のルールが守れなくなるような物は許可されていませんが、現金や本、日用品などを家族から差し入れてもらうことも可能です。
12時前後から40分間は食堂で昼食をとったり休憩をすることができます。

受刑者は、社会復帰に備えて健全な心身を養うために施設内の工場で職員の指導を受けて木工や印刷、洋裁などさまざまな業種の作業を行います。
この作業製品の売り上げの一部は犯罪被害者支援団体の活動に助成されています。

作業終了後の時間の過ごし方

作業の終了時間になると、順番で入浴をして作業服から居室衣に着替えて身体検査も行われます。
17時から居室内で夕食をとり21時の就寝時間まではテレビを視聴したり読書をすることが可能です。

この時間帯に、行刑実務では認書という書物の作成や通信教育の自習なども行います。
食事は、和食が中心でカロリーや栄養バランスも考慮されており、通常の食事に加えてお正月や祝祭日、誕生日、運動会などの刑務所での行事の際には特別な食事も用意されています。

また、刑務所では、優遇区分によって嗜好品の使用を制限されており、食料品や衣類などは自分で費用を出して購入することも可能です。
優遇区分は、日常生活の態度や賞罰の状況、作業への取り組み状況、各種指導への取り組み状況、資格の取得状況といった項目から総合的に評価されています。

受刑者が社会復帰ができるように規則正しい生活を送る

受刑態度が不良な場合は、嗜好品の使用や個人的に食料品や衣類などを購入することは認められていません。
娯楽面では、余暇時間に漫画を読むことも基本的には認められていますが、全て持ち込めるはけではなく持ち込む前にチェックされます。

施設によっては映画の上映会が行われている所もあります。
このように基本的には、受刑者が出所してから社会復帰ができるように規則正しい生活を送ります。

交通刑務所では、鉄格子や高い塀に囲まれておらず一般の施設と比べて規則が緩いといわれています。
こちらでも一般的な施設と同様な刑務作業も行いますが、交通安全や交通法令に関する指導や断酒に関する指導といった交通安全に関する指導や教育を積極的に行います。

施設内の生活も他の施設とは異なり独特な雰囲気が特徴で、自主的でかつ自律的な生活を送ることに重点をおいています。
施設内での生活に関する細かい規則に関しては、受刑者同士でよく話し合って決めたりと社会性を養う教育が行われています。

少年刑務所では、一般的な施設と比較して生活ルールや人間関係に関しては厳しく管理されているのが特徴です。
若年者は、更生の可能性が比較的高いため構成させるための処遇を強化しています。

出典:あなたが知らない囚人の生活、日本刑務所の実態。 – NAVER まとめ