マカオのおすすめ観光スポットをご紹介

Home / マカオのおすすめ観光スポットをご紹介

マカオのおすすめ観光スポットをご紹介

2018年12月18日 | 未分類 | コメントはまだありません

聖ポール天主堂跡

世界遺産でもあるマカオは、香港と同じく1997年に中国へ返還されましたが、独自の文化が色濃く残っており世界中から観光客が訪れています。
マカオに行くならば、ぜひとも見ておきたいおすすめ観光スポットをまとめてみると、絶対に外せないのは聖ポール天主堂跡です。

建物自体は16世紀煮に建てられたものですが、繰り返し火事に見舞われて、1835年には全面の壁と階段だけの状態に鳴ってしまいました。
それでも歴史的に貴重な史跡でもありますし、残った壁に見られる素晴らしい彫刻は一見の価値があります。

世界遺産の一部としてこの聖ポール天主堂跡が入っているのも当然のことと言えます。
なお裏手には教会のあったところを発掘して出てきたものなどが天主堂芸術博物館に収蔵されています。
日本とも関係の深い資料もありますから、そちらもじっくりと見ておくと良いでしょう。

聖ヨセフ聖堂

同じく、キリスト教の歴史に触れることができる聖ヨセフ聖堂も訪れておきたい観光スポットです。
ヨーロッパの協会とはまた違った建築で、かつてはそこが日本や中国などアジア圏で布教をするための拠点でした。
戦国時代に日本を訪れたフランシスコ・ザビエルの骨もあります。

セナド広場

歴史的な建造物を見るのもいいのですが、もう少し人の賑わいを見てみたいというときにはセナド広場がおすすめです。
セナド広場の中心には噴水があり、足元はカルサーダスという波のようなデザインのモザイクが敷き詰められています。

石畳は日本でもありますが素朴さが強く、カルサーダスの持つ美しさとは異なるものです。
広場の周辺にある植民地時代の建物洋式との調和により、異文化を強く感じることができます。

セナド広場は夜になるとライトアップされて、昼間とはまた違った美しさを感じることが出来ます。
海外では夜に出歩くのは危険ということが多いですが、比較的治安は良いところです。
ただ海外旅行客を狙ったスリはいますから、貴重品は盗まれないような場所で自分の体から離さず持っておくべきです。

マカオタワー

現代のマカオ的な建物を見たいというときには、高さ338メートルと東京タワーよりも高い建物であるマカオタワーを観光してみましょう。
高いところから街を見下ろすことで、また違った物が見えてくるかもしれません。

また、上に登ったならば、ぜひとも挑戦してみてほしいのがバンジージャンプです。
料金を払うと、高さ233メートルのところにある展望デッキからバンジージャンプをすることができます。

橋の上や遊園地にあるタワーの上から飛ぶよりも遥かに高い場所で、日本では経験できない恐怖と興奮を味わうことが出来ます。
無事にジャンプができたら、会員証がもらえるので貴重なお土産にできます。

カジノホテル

見て回るのではなく遊びたいというときには、マカオを象徴するカジノに行ってみましょう。
どこにいけばよいのかわからないのであれば、宿泊もカジノもできるリゾートホテルがおすすめです。

有名なリゾートホテルとしては、「ベネチアンマカオリゾートホテル」や「スタジオシティーホテル」があります。
そういったリゾートホテルでは、ラスベガスでも同じですがギャンブルだけでなく世界でもトップクラスのショーを見たり、遊園地のようなアトラクションを楽しむことが出来ます。

子供向けの施設もありますから、家族で一緒に泊まるときにも最適です。

ハクサビーチ

人工的なものではなく、自然に触れたいというときにはビーチに泳ぎに行くのもいいでしょう。
例えば(黒沙海岸)ハクサビーチは泳いだり、バーベキューをしたりといろいろと楽しめるところです。

近くには別荘地やホテルもあり、海を眺め柄時間のことを木にせずゆったりと過ごして心をリフレッシュさせることもできます。

出典:超人気観光スポットを網羅!マカオのおすすめ観光スポット15選

About Author