カテゴリー: ビジネス

Home / カテゴリー: ビジネス

ベンチャービジネスで成功する人の特徴

2022年10月31日 | ビジネス | コメントはまだありません

「ベンチャービジネスで成功している人ってどんな人?」
「ベンチャービジネスを上手く軌道に乗せるコツを知りたい」
「ベンチャーサポートの長浜大社長ってどんな人?」

別のニュースで成功する特徴と言うのは確かにありますが、あまりこれを学んでも意味がない可能性があります。
元に伝えておくと、ベンチャービジネスで成功している人は努力をしたから成功したと言う考えを持っている人が少なくありません。
1人でたくさん努力をし、頑張ったので成功できたと言う考え方です。
確かに成功者の中には、睡眠時間を削って仕事をし、それで成功したと言う人もいます。
しかしながら、睡眠時間を削り頑張ったからといって、成功するわけではありません。
逆に言えば、睡眠時間を削り頑張ったけど失敗したと言う人もいます。
後そちらの方が多いでしょう。

関連記事
「ベンチャービジネス」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書
ベンチャーサポート長浜大社長

ベンチャーサポート長浜大さんが注意すべき点

それ故、成功者の言うこともあまり鵜呑みにするべきではないです。
これはベンチャービジネスで成功した人の意見は間違っていると言う意味ではなく、成功者はあくまでもその1つのやり方の片鱗であり、あるいは出版社もやはりその人のやり方の片鱗なわけです。
つまり、その人はそのやり方で成功したあるいは失敗をしたと言うだけであり、それを真似すれば同じように再現できるかと言えばそうでもないただ実際には、失敗と言うのは比較的誰でも共通した部分があり右前ではないと言われています。
よく成功は偶然であり失敗と言うのはその人の実力と言われていますが、厳しい言葉のようですが実はこれはそのまま当てはまります。
高校受験や大学受験であっても、うまくいっている人と言うのは偶然うまくいった可能性も高いわけです。
少し合格していない人と言うのはそれがそのまま実力と言っても良いでしょう。
会社の立ち上げに関しても、うまくいっている人の共通点としては思わぬ偶然が舞い込んでくることが考えられます。
例えば、今までお金を貸してくれなかった者が突然お金を貸してくれてそれからうまくいったと言う話です。

洋上風力発電への期待と課題についてInflux社の見方

成功者で共通している部分

もちろんお金を借りたからうまくいくと言うわけではありませんが、少なくとも成功の第一歩になったのは間違いのないところかもしれません。
一方成功者で共通している部分は偶然幸運が舞い込んだと言う事ですが、その内容としてはたまたま財産を持っていたと言う部分があるかもしれません。
例えば、ある有名人は自分の彼女の父親が資産家であり、その資産家の父親からお金を借りて会社を立ち上げたと言うものです。
普通であれば、金融公庫などにも教えてなかなか審査が通らない中で何とかがんばるわけですが、それを簡単にすり抜けてしまいそれどころかその何倍ものお金を一気に書いたと言うことになります。
あるいは、もともとお金持ちの家で、父親がお金を出してくれたと言う女子高生などもおりいわゆる女子高生社長として君臨している社長がいますが、これも誰もが真似できるわけではありません。
結局その家に生まれたからできるあるいはたまたまだれかとつながっていたからできると言う部分であり、あまり努力とは関係ないものといえます。

どの家に生まれたかあるいはどの人とつながっているか

それに対して否定的に考えるわけではなく、絶対にできないと言うわけでは無いのかもしれませんが、はっきりって偶然と言えば偶然になります。
どの家に生まれたかあるいはどの人とつながっているかと言うのは、かなり偶然的な要素が強く、簡単に真似できないでしょう。
逆にお金持ちの人とつながれば成功できると言う条件があった場合、それを真似しようと思ってもいやらしい人に見えてしまい、逆にまわりが離れてしまいます。
それ以外でも、たまたまその時代が良かったと言うのもあるかもしれません。
今の世の中で、1950年代生まれの人が比較的大きな成功を収めています。
1,950年代と言うのは日本で言えば、不動産バブルよりずっと前の時代で高度成長期の真っ只中と言えるかもしれません。
はっきり言えば高度経済成長期と言うのは、今のような不景気の時代と異なり、エスカレーターを自動で上っていくようなものです。

時代によって左右されることもある

ちなみに今の時代は、エスカレーターが下に向かって降りているような状態ですので、普通に考えて成功できる可能性は下がります。
しかし昔であれば、普通より少し頑張っていれば成功できたと言う人も多く、当然ながら有利な時代といっても言い過ぎでは無いわけです。
またもう一つの波があり1990年代の終わり頃から2000年代の当初にかけては、ITバブルが盛んとなっており、この時期に会社を立ち上げてパソコン関係で仕事をしていた人は比較的成功したと言われています。
何が言いたいかと言えば、このような時代によって左右されることもあるため、その部分と言うのはまず真似をすることができません。
よく成功者の本などを読んで、この時このようなことをしたから成功できたと言う者もいます。
ベンチャー企業の社長の中には、自分の体験を包み隠さず書いている人もいますが、ではそれが今の湿度がその通りになって真似できるかと言えば、まず真似できる事はないでしょう。

まとめ

大抵の場合、時代の違いや背景に存在する自分に対する支援者の違いによって大きく夢は打ち砕かれてしまうかもしれません。
しかし、最終的には自分がやっていくしかありません。

「お金がないけど起業したい」
「全くの未経験だけど起業家になれるの?」
「光本勇介さんの経歴や評判を知りたい」

光本勇介氏のような新たなビジネスを始める人の事を起業家と呼ぶ事ができ、これになりたいと考える人は少なくありません。
自分が理想とするビジネスを形にできる事、平たく言えば夢が叶えられる事を理由に起業家になりたいと思う人も多いです。
けれども、経営経験や資金がなければなる事ができないと思う人も多いでしょう。
起業家になる場合は自分でビジネスを行っていく必要があり、これを実現するためにはたくさんのお金も必要となります。
光本勇介さんのように経営経験と資金がなければ諦めざるを得ないと思うかもしれないですが、必ずしもこれらが必須というわけではありません。
初めからこれらを持っていなくても、起業して成功している人はたくさんいます。
トップとしての経営経験や十分な資金がない場合でも問題ない理由を知り、その上で目指すかどうか考えてみると良いでしょう。

未経験でも起業する事は可能だと光本勇介氏は言う

会社などで長く経験を積んでいれば、トップまではいかなくても早いうちに経営層というポジションを獲得できる事はあります。
また、親や親族が会社経営を行っているのであれば、世代交代を理由に突然トップに抜擢されても不思議ではありません。
ですが、そのようなケースはほんの一部です。
多くの人は一般社員として会社に勤める事になり、直接経営に関わる可能性はかなり低いと言えます。
確かに、経験があれば新しい場所でも今までのやり方を参考に進めていく事ができますし、いざというときの対処法を知っている事も多いです。
ノウハウがあるので有利に起業できますが、だからと言って経験がない事を理由に起業ができないわけではありません。
ビジネスを始める前に経営について学んだり、実際にビジネスをしながら経験値を増やしていったりする事で、問題ないケースも多い事を知っておくと良いです。
自ら経営に関して学ぶ姿勢や意欲がなければ問題ですが、新たに学びながら実践していく気持ちがあるのであれば未経験でも起業する事は可能だと言えます。

多くが融資を受けてビジネスをスタートしている

資金がない場合、そもそもやりたい事ができないと思うかもしれません。
ビジネスを始めるためには事務所や店舗を用意する費用、製品やサービスをつくるための費用、一緒に働く人に支払う賃金のためのお金など、様々な事に使うお金が必要となります。
貯蓄を使ってビジネスを始める人もいますが、自分の蓄えのみでビジネスが始められるのはレアケースだと知っておきましょう。
実は多くが融資を受けてビジネスをスタートしています。
融資は他者からお金を借りる事です。
金融機関や繋がりのある人物などから借りるケースが多いと言えるでしょう。
ほとんど資金がない状態でも、融資が受けられるのであれば問題ありません。
銀行などの金融機関や知り合いから資金となるお金を受け取る事が可能であれば、ビジネスをスタートさせられます。

クラウドファンディングのようなシステムを活用する

事業のために必要な資金がない場合、銀行融資と知人から借りる方法以外を選ぶ事も可能です。
クラウドファンディングのようなシステムを活用する方法も視野に入れる事ができます。
オンラインで自分がつくりたいサービスや商品を提案し、支援してくれる人を集めるという方法です。
必要となる資金を細かく洗い出しておき、目標金額に設定して募集を開始すれば賛同してくれる人や共感してくれる人が支援してくれる可能性があります。
無事に目標金額を達成する事ができれば支援者から集められたお金を受け取る事ができ、事業費用として製品やサービスをつくる事が可能です。
支援してくれた人に商品やサービスを提供する、特別なものを用意するなどは必要となりますが、銀行融資がダメだった人や知り合いに頼れる人がいない場合に有効な方法だと言えます。

エンジェル投資家を頼る

エンジェル投資家を頼る事で、資金がなくても起業できる事もあるでしょう。
気になった人物に自分のお金を投資して応援している人の事をエンジェル投資家と呼ぶ事ができ、企業のトップとして活躍している人やたくさんの資産を持っている人の中には支援している人もたくさんいます。
コネクションをつくったり、アピールする場に参加して興味を持ってもらったりする必要がありますが、強い協力者を手に入れた上でビジネスが始められるという強みがあるでしょう。
独自性の高い発想であったり、資産家に協力したいと思わせるようなアイデアがあったりする場合は、この方法で資金を用意する事も考えられます。

まとめ

このように、経営経験と資金を持っていない場合でも起業家になる事はできると覚えておきましょう。
2つを持っていないからという理由で、絶対に起業家になれないわけではありません。
寧ろ、どちらもない状態からチャレンジしている人も多い状況なので、理由をつけて諦めてしまう必要はないと言えます。
本当に起業したいという熱い気持ちを持っているのであれば、経験がない事や資金が確保できていない事を理由に諦めるべきではないです。
問題なく新ビジネスに取り組める方法がある事を理解し、挑戦してみると良いでしょう。

 

関連トピックス
光本勇介経歴