インプラントのメリットと注意点

Home / インプラントのメリットと注意点

インプラントのメリットと注意点

2021年8月13日 | 健康 | コメントはまだありません

虫歯や歯周病、事故が原因となり自分の歯を失ってしまうと、食事など不自由を感じることが多くなります。
歯根部分を残すことができれば、差し歯治療を受けることも可能ですが、虫歯が悪化してしまった場合や歯根が折れた状態では歯根を抜いた上で入れ歯やブリッジの治療を行うケースが多いです。
どちらの治療法も本来の自分の歯と比較して、健康な歯を削ることの不安や違和感が残ってしまうと考えられています。
こういった歯の悩みを解決してくれる治療方法として注目されているのが、インプラント(人工歯根)の治療を受ける方法です。

初芝インプラント

自分の歯で噛む感覚が得られる

この治療法は、歯を失った箇所に対して人工の歯根を埋入することで歯を補う治療法であり、差し歯は歯根が残っている状態で行う治療ですが、インプラントの場合は抜歯が必要になった時など歯根がないときに行います。
この治療を受けることによって得られるメリットとは、自分の歯で噛む感覚が得られることにあります。
本来歯を失うと入れ歯治療を行うケースが多いのですが、入れ歯では食事をするときの違和感であったり、入れ歯に食物が挟まるといったトラブルも起こりやすいため、自分の歯があった時のようにしっかり噛むことが出来ないことに悩んでいる方もすくなくありません。
しかしこの治療法なら、失った歯の歯根の代わりとして顎の骨に直接人工歯根を埋め込むことにより、それを土台として人工歯を取り付けることができます。
そのため天然の歯と同じような感覚でしっかり噛むことが出来るので、歯を失うことによる食事の悩みを解消してくれます。

健康面や精神面の向上にも繋がる

そして食事の際にしっかり噛めるようになれば、結果的に健康面や精神面の向上にも繋がるといわれています。
人間は噛むことによって脳に刺激を与えることが出来る特徴があるので、毎食きちんと噛むことが出来ると脳を活性化させることが可能です。
しっかり咀嚼を行うことは唾液の分泌を促す効果があるので、近年注目されている若返りホルモンと呼ばれるパロチンの分泌が期待できるなど、いつまでも若々しくありたいという考えの方に向いている治療法といえます。
また治療に使用する材料にはチタンが多く使われているため、骨と結合しやすく劣化しにくい特徴を持っています。
インプラントが骨に固定されれば、強い力がかかっても絶えられる高い耐久性もメリットの一つです。

健康な歯への影響を与えない

そしてこの治療法は健康な歯への影響を与えないといったメリットも挙げられます。
失った歯の治療法として入れ歯やブリッジを選択した場合、残っている健康な歯も削る必要が出てくるため、他の歯に負担をかけてしまうことは避けられません。
しかしこの治療法なら周りの歯を支えにする必要がないため、独立した治療が可能になり残っている健康な歯はそのままに負担をかけずに済みます。
歯を失い治療を受けたと周りにバレたくないといった、審美的な治療を求めている場合にもこの治療法は向いています。
保険適用で作成出来る差し歯は、歯に装着した際に色味が不自然になってしまうことも多いですし、入れ歯の場合は笑ったときに金具部分が見えてしまうケースも少なくありません。
一方でインプラントなら人工歯部分にはセラミック、ジルコニアを使用しているため天然の歯と同じような自然かつ美しい歯を手に入れることができます。

原則的に保険適用外治療なので費用が高額になる

様々なメリットがあるインプラント治療ですが、実際に治療を受ける場合には必ず注意点も確認しておく必要があります。
例えばこの治療法は原則的に保険適用外治療となるため、一般的な保険適用で受けられる歯科治療と比較すると治療費が高額になる特徴を持っています。
また一度治療を受ければそれで終わりではなく、定期的なメンテナンスが必要になるため、治療を受ける歯の本数や状態に応じてかかる治療費はいくらになるのかきちんと確認をした上で受ける必要が出てきます。
通常の歯科治療をする場合よりも治療期間が長くなりやすく、症状によってかかる期間は違いますが稀に6ヶ月程度かかる場合もあります。
これだけ治療期間が長くなってしまう理由の一つに、挿入した人工歯根が骨と結合するまでに約2ヶ月ほどの時間を必要があるためです。

治療後のメンテナンスが欠かせない

そして手術以外にも抜歯や経過観察を行うため通院回数は最低でも5回程度は必要だと理解しておきましょう。
そして治療後のメンテナンスが欠かせないという点もあり、定期検診では定着状態を確認したり、かぶせ物や噛み合わせの状態をチェックした上で必要に応じた処置が行われます。
このメンテナンスは3ヶ月に1回のペースで受けることが理想的とされ、定期的なメンテナンスと共に他の歯の状態も一緒に見てもらう習慣をつけることで、健康な歯を保つことが大切です。
このようにインプラント治療は、天然の歯と同様にしっかり噛んで食事が行えたり、審美的に優れていることから笑顔に自信が持てるようになるなど、他の治療法では得られない大きなメリットが多い特徴があります。

まとめ

ただし保険適用外なので治療費が高くなることや、メンテナンスが欠かせないといった注意点もありますが、それをしのぐほどのメリットが十分にあると治療を受ける方が増えてきています。

About Author