保湿クリームと紫外線の関係

Home / 保湿クリームと紫外線の関係

保湿クリームと紫外線の関係

2022年10月12日 | 健康 | コメントはまだありません

「保湿クリームの選び方が分からない」
「秋や冬でも紫外線対策は必要?」
「保湿と紫外線の関係について知りたい」

乾燥する季節にはエーシングケアをしなければなりません。
お肌の大敵は乾燥と水分不足になり、乾燥が進むと肌荒れやシミやシワなどの原因になってしまうのです。
しかもターンオーバーが正常なサイクルで行われなくなるので、保湿を怠ると悪循環のループに入ってしまいます。
お肌のお手入れはメンテナンスだけではなく、日頃からの生活習慣も大きく関係をしていることが特徴です。

全身用保湿クリーム|スチームクリーム公式オンラインストア

セラミックを使用して口内の歯科治療

UVカット機能のある化粧水や美容クリームでガードを行う

春から夏は気温が高く紫外線も強力なので、外出時には日傘や帽子で顔と首の周囲を紫外線対策をすることが有効になります。
さらにUVカット機能のある化粧水や美容クリームでガードを行い、ビタミンCなどターンオーバーに有効な栄養素を含む食材を意識的に食べることで、シミの原因になるメラニンの発生を抑えてくれるのです。
ビタミンCは夏野菜や果物に沢山含まれており、夏野菜は体温を下げる効果もあるので熱中症対策にも有効になっております。
美容と健康は季節の野菜や魚などを食べて対策すると、体の内側から健康になってゆく感覚があるのです。

夏でも保湿クリームを塗って肌荒れ対策をする

夏でも保湿クリームを塗って肌荒れ対策をすることを忘れてはいけません。
冬のようにたっぷり塗り込むのではなく、就寝前に薄くベールのように重ねることがお勧めです。
夏場はお肌が日焼けしたり火照って知らず知らずにダメージを受けますし、エアコンの風などで意外と乾燥する季節でもあります。
塗り過ぎは皮脂の過剰分泌と同じ状態になってしまいますが、寝る前に薄く塗るぐらいならばお肌のバリア機能にとっても邪魔になりません。
冬場は潤いの強いタイプを使い、夏場は水分量が多いさっぱり系の保湿クリームを使うなどの使い分けもお勧めになります。
夏野アクティブスポーツであるサーフィンやゴルフ、一日中炎天下で渓流釣りやアウトドアやキャンプなどが趣味の人は、通常ケアだけではなくパックなどで疲れたお肌を労わることも効果的な方法です。

虫対策と一緒に紫外線対策をする

遊んでいる時にはUVカットのスプレーや、虫よけに紫外線防止の機能が含まれたパウダーを選ぶなどして、虫対策と一緒に紫外線対策をすることを忘れてはいけません。
少しぐらいならば大丈夫に思えても、積み重ねって行き年齢を重ねるごとにシミは出来やすくなってゆくことになります。
早めのケアとなるべくシミを作らないためには、こうして紫外線対策を日常的なサイクルの中に組み込むことで意識しなくてもケアが出来るようになるのです。
紫外線の怖さは自転車乗りやオートバイライダーではお馴染みになります。
Tシャツ姿にグローブを装着して1日ツーリングすると、Tシャツを着ている部分とグローブをしている手は日焼けしていなくても、露出している部分は赤くなったり黒くなったりと大きな変化があるのです。
たった1日でも大きな変化がありますので、日常的に野外に居る人こそ長袖と帽子の着用は必須になります。

アウトドア用の衣類は進化している

近年は3月頃から30度などの気温が続き、そのままの状態で10月まで夏日が続き、日差しも強いことが特徴です。
当然紫外線も強力になりますので、ケアをしておいてそんなことはありません。
アウトドア用の衣類は進化しており、軽く頑丈で撥水性が高く、紫外線を予防する効果も高いウェアが安価で入手可能になりました。
夏用でも通気性が高ければ汎用的に使えますので、アウトドアキャンプやツーリングなどでも着用可能で、機能性も高く通気性があるので暑過ぎない魅力があります。
さらに空調服と言うバッテリーでファンを回転させる作業服が普及し始めており、長袖タイプを選べば日差しを防ぎながらファンの力で風を循環させる効果があるのです。
文明の利器を利用して長く暑い夏場を凌ぐことが、現在の日本では必要不可欠になりました。

保湿ケアの基本は水分と油分のバランス

保湿ケアの基本は水分と油分のバランスです。
基本の流れは洗顔から始まります。
泡だて器で細かい泡を作り優しく顔に泡を付けてから、擦らないように洗顔を行うのです。
それから熱すぎないぬるま湯で泡を落とし、タオルでドライにしますがこの時も絶対に擦ってはいけません。
擦ると乾燥をしたり色素が沈着しやすくなるので、洗顔は洗う時も拭く時も優しく行うことが大切です。
洗顔が終わったら化粧水で収斂を行いながらミスト上の霧で、保湿成分を顔と首に満遍なく吹きかけます。

美容液の選び方

次に美容液を塗りますが、体質により保湿系が強いタイプか水分量の多いタイプを選ぶことが重要です。
脂性肌か乾燥肌か混合タイプかを判別してもらい、自分に合った美容液を選びます。
そして最後に保湿クリームを塗って仕上げです。
お肌の状態が良ければシミやシワが起こりにくく、多少の日差しを受けてもダメージが少なくて済みます。
一方でケアをしていないと微細な傷が肌にあるのと同じ状態で、そこの部分に紫外線が当たると直接皮膚にダメージを受けてしまうのです。
バリア機能が失われている状態になります。

まとめ

日頃のケアを行いながら、紫外線防止の化粧水などで対策することで、バリア機能とターンオーバーのサイクルを正常に保つことがおhだケアでは大切です。

About Author