セラミックを使用して口内の歯科治療

Home / セラミックを使用して口内の歯科治療

セラミックを使用して口内の歯科治療

2021年11月14日 | 健康 | コメントはまだありません

歯に治療をする必要性が生じた時、これまではダメージが生じている部分に金属を使用する事例が多かったものの、医療技術が向上している今日では近くで見ても元来の様子と同様に見えるセラミックが選ばれる事例も増加傾向です。
自然に見える様子やより一層美しくさせられる特徴も関係し、治療を目的にして使用される事例に限らず、審美治療を目的にして使用される機会が増えてきている素材でもあります。

保湿クリームと紫外線の関係

セラミックの特徴

近くで見ても元来の状態と同じに見える様子から、奥のみに限らず前歯など他者から目に入りやすい部分の治療に採用される機会も多いのですが、目に付きやすい部分に使用すると良い理由としては、年月が経過しても使用して間もない時の状態が変化しない様子が挙げられます。
従来の素材を使用して治療をした時には日々の飲食などにより色が変化したり素材自体が変化していく特徴がありますが、セラミックは長年にわたり口内に使用していても素材自体が変化する心配が無い上に、飲食による着色を心配する必要も無用です。
そのように他者からの見え方や飲食などについて心配する事が無くなれば気持ちの面で負担に感じる事が無くせますが、合わせて元来の人体の歯の硬さによく似ているといった素材の特徴から、口内で接触する他の組織に対しても負担を与えないのも安心材料になります。
素材に金属の成分が存在しているわけではないため、年月が経過しても少しずつ歯ぐきなどに金属の成分が浸透していく心配も無く、金属に身体が反応する方でも安心して治療が受けられます。

今福鶴見セラミック口コミ

セラミックの種類

こうした特徴と安心材料を持っているセラミックは一言で言っても様々な種類に分類されていて、ラミネートベニアは表面を僅かに削ってから付け爪を使用するように貼り付けます。
削る部分はごく僅かなので負担が小さいですし、金属を用いて治療をしない特性から他の部位に色素沈着がしないのも安心材料です。
作業に要する時間や作業量も少ないので、患者にとって負担にならないのも治療が受けやすい理由ですし、痛みを覚える事もないため新たなる治療を気軽に受けたいと考えている方に選びやすいです。
メタルボンドクラウンは、全体を対象にして削ってから削った所に金属に対してセラミックを用いてコーティングした物を用いる治療方法であり、中が金属製なのでとても強度が高いのが特徴です。
中は金属製であるものの、外側に関しては美しい白色であるが故に一見して清潔感などが感じられるようになり、強い強度による頼もしさと美しさの両方を求めている方に適しています。
メタルボンドクラウンのように中に金属が存在しているタイプがある一方、中に至るまで一貫してセラミックに拘られているタイプも存在し、表面と内部の全てにおいて金属が存在していないのでますます透明感が見られる上に、金属に身体が反応する方でも無問題です。

セラミック治療の費用について

こうした様々なタイプにより治療に要する金銭的な負担が変化していくので、治療を受ける時には医師の説明をよく耳にしたり相談をするのが大切ですが、同じ素材を選定しても治療をする部位によって変動する事もあるため、使用する素材と部位の両方を思慮してじっくりと決めましょう。
そして、技術の進歩に伴ってジルコニアという新たなる素材も誕生している上に実際に使用される機会も増えてきておりジルコニアは強度と軽さ、身体への負担が小さいのが特徴です。
素材は陶器に似ている特徴も持っているため熱にも強い様子から温かい物を口にする機会が多い方でも快適に飲食が楽しめる上に、年月が経っても治療を受けた時の状態のまま維持できます。
さらに、陶器によく似ている素材であるのに加えて歯の薄さに仕上げる様子からもわかるように、光を受けた時には光を通すので人工的に作られた物であるのにも関わらず、近くで見た時にも本来の歯のように自然に見えるため、治療に対して自然な様子を重要視している方に重宝します。

歯科医院の選び方

治療を受ける時にはこれまでに通院しているクリニックに相談をしてみるのも良いものの、新たなるクリニックに目を向けてみるのも良い方法です。
人工的な物を口の中に入れて会話をしたり咀嚼をするが故に素材を作る方の技術力が重要なのはもちろん治療をする医師の技術も大切なので、素材の導入のみに限らず噛み合わせなどに至るまで考えてくれる方を探すのも大切です。
素材を作る方は専門の機関にて日々依頼された物を作り続けている事例が多いのですが、中にはクリニック内に常駐していて依頼があればすぐにクリニックの中で依頼に応じて手掛ける事もあります。
外部の機関と連携して依頼に応じて手掛ける場合よりもクリニックの中に常駐している事例の方があらゆる面で円滑に進みますし、実際に患者の様子も知る事ができるのでますます理想的な仕上がりにさせやすいです。

まとめ

尚且つ、セラミックの特徴と共にこれまでとの素材との違いや使用による変化など多角的にアドバイスをしてくれる医師が居るとより良いです。

About Author