ベンチャービジネスで成功する人の特徴

Home / ベンチャービジネスで成功する人の特徴

ベンチャービジネスで成功する人の特徴

2022年10月31日 | ビジネス | コメントはまだありません

「ベンチャービジネスで成功している人ってどんな人?」
「ベンチャービジネスを上手く軌道に乗せるコツを知りたい」
「ベンチャーサポートの長浜大社長ってどんな人?」

別のニュースで成功する特徴と言うのは確かにありますが、あまりこれを学んでも意味がない可能性があります。
元に伝えておくと、ベンチャービジネスで成功している人は努力をしたから成功したと言う考えを持っている人が少なくありません。
1人でたくさん努力をし、頑張ったので成功できたと言う考え方です。
確かに成功者の中には、睡眠時間を削って仕事をし、それで成功したと言う人もいます。
しかしながら、睡眠時間を削り頑張ったからといって、成功するわけではありません。
逆に言えば、睡眠時間を削り頑張ったけど失敗したと言う人もいます。
後そちらの方が多いでしょう。

関連記事
「ベンチャービジネス」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書
ベンチャーサポート長浜大社長

ベンチャーサポート長浜大さんが注意すべき点

それ故、成功者の言うこともあまり鵜呑みにするべきではないです。
これはベンチャービジネスで成功した人の意見は間違っていると言う意味ではなく、成功者はあくまでもその1つのやり方の片鱗であり、あるいは出版社もやはりその人のやり方の片鱗なわけです。
つまり、その人はそのやり方で成功したあるいは失敗をしたと言うだけであり、それを真似すれば同じように再現できるかと言えばそうでもないただ実際には、失敗と言うのは比較的誰でも共通した部分があり右前ではないと言われています。
よく成功は偶然であり失敗と言うのはその人の実力と言われていますが、厳しい言葉のようですが実はこれはそのまま当てはまります。
高校受験や大学受験であっても、うまくいっている人と言うのは偶然うまくいった可能性も高いわけです。
少し合格していない人と言うのはそれがそのまま実力と言っても良いでしょう。
会社の立ち上げに関しても、うまくいっている人の共通点としては思わぬ偶然が舞い込んでくることが考えられます。
例えば、今までお金を貸してくれなかった者が突然お金を貸してくれてそれからうまくいったと言う話です。

洋上風力発電への期待と課題についてInflux社の見方

成功者で共通している部分

もちろんお金を借りたからうまくいくと言うわけではありませんが、少なくとも成功の第一歩になったのは間違いのないところかもしれません。
一方成功者で共通している部分は偶然幸運が舞い込んだと言う事ですが、その内容としてはたまたま財産を持っていたと言う部分があるかもしれません。
例えば、ある有名人は自分の彼女の父親が資産家であり、その資産家の父親からお金を借りて会社を立ち上げたと言うものです。
普通であれば、金融公庫などにも教えてなかなか審査が通らない中で何とかがんばるわけですが、それを簡単にすり抜けてしまいそれどころかその何倍ものお金を一気に書いたと言うことになります。
あるいは、もともとお金持ちの家で、父親がお金を出してくれたと言う女子高生などもおりいわゆる女子高生社長として君臨している社長がいますが、これも誰もが真似できるわけではありません。
結局その家に生まれたからできるあるいはたまたまだれかとつながっていたからできると言う部分であり、あまり努力とは関係ないものといえます。

どの家に生まれたかあるいはどの人とつながっているか

それに対して否定的に考えるわけではなく、絶対にできないと言うわけでは無いのかもしれませんが、はっきりって偶然と言えば偶然になります。
どの家に生まれたかあるいはどの人とつながっているかと言うのは、かなり偶然的な要素が強く、簡単に真似できないでしょう。
逆にお金持ちの人とつながれば成功できると言う条件があった場合、それを真似しようと思ってもいやらしい人に見えてしまい、逆にまわりが離れてしまいます。
それ以外でも、たまたまその時代が良かったと言うのもあるかもしれません。
今の世の中で、1950年代生まれの人が比較的大きな成功を収めています。
1,950年代と言うのは日本で言えば、不動産バブルよりずっと前の時代で高度成長期の真っ只中と言えるかもしれません。
はっきり言えば高度経済成長期と言うのは、今のような不景気の時代と異なり、エスカレーターを自動で上っていくようなものです。

時代によって左右されることもある

ちなみに今の時代は、エスカレーターが下に向かって降りているような状態ですので、普通に考えて成功できる可能性は下がります。
しかし昔であれば、普通より少し頑張っていれば成功できたと言う人も多く、当然ながら有利な時代といっても言い過ぎでは無いわけです。
またもう一つの波があり1990年代の終わり頃から2000年代の当初にかけては、ITバブルが盛んとなっており、この時期に会社を立ち上げてパソコン関係で仕事をしていた人は比較的成功したと言われています。
何が言いたいかと言えば、このような時代によって左右されることもあるため、その部分と言うのはまず真似をすることができません。
よく成功者の本などを読んで、この時このようなことをしたから成功できたと言う者もいます。
ベンチャー企業の社長の中には、自分の体験を包み隠さず書いている人もいますが、ではそれが今の湿度がその通りになって真似できるかと言えば、まず真似できる事はないでしょう。

まとめ

大抵の場合、時代の違いや背景に存在する自分に対する支援者の違いによって大きく夢は打ち砕かれてしまうかもしれません。
しかし、最終的には自分がやっていくしかありません。

About Author