終身保険の特徴や選び方について

Home / 終身保険の特徴や選び方について

終身保険の特徴や選び方について

2022年3月14日 | 生活 | コメントはまだありません

「終身保険に加入することを考えている」
「メットライフ生命のウェルスデザインの特徴を知りたい」
「保険会社の選び方について知りたい」

現在日本では万が一の事態に備える保険商品が数多く存在していますが、その中でも身近であり多くの人が加入しているのがメットライフ生命のウェルスデザインなどの終身保険です。
死亡か高度障害状態になった際に死亡保険金が支払われるという内容であり、基本的には家庭を持っていたり稼ぎ頭として働いている一家の主人が加入することが多くなっています。

終身保険は加入すべき?

もちろん任意であり必ず加入しなければならないものではないからこそ、加入するべきかで悩む人も多いです。
保険商品ということもあり、当然保険料も必要なので独り身の場合には、加入しても死亡した後に残されて金銭面で困る人がいないので、加入する意味はあまりないのではないでしょうか。
加入時の保険料のままで一生涯の保障となっているので、年齢が若いうちの方が良い場合もありますが、長い目で見るとかなりの保険料になるので悩むのは当然のことです。

解約返戻金について

解約返戻金がある商品が一般的であり、万が一解約した場合でもお金を受け取れますが、支払った保険料がそのまま全額戻ってくるわけではもちろんなく、受け取れる金額は少なくなってしまう場合が大半です。
終身保険の保険料は生命保険料控除の対象になっているので、所得税と住民税の対象となる所得から払込保険料の中の一定額を控除することができるのも特徴となっています。
保険料が掛け捨て型の生命保険に比べると割高だったり、途中で解約すると解約返戻金が元本割れする場合がある点がデメリットであり、本当に加入するべきか慎重に考えて決めるようにしましょう。

終身保険はどんな人におすすめ?

死亡か高度障害状態になった場合以外にも保障が必要な場合には、特約を付けて必要な部分を補う形になります。
もちろん特約だけで加入することはできないという点も、頭に置いておきましょう。
一生涯の保障であり、葬儀代や相続対策に活用されることが多くなっていて、葬儀代で残された家族に迷惑をかけたくない場合や、家族にある程度まとまったお金を残してあげたいと考えているときに適しています。
しかし一口に終身保険といっても数多くの会社から商品は販売されており、どれを選ぶかにより保険料やサービス内容、いざ保険を使うときに受け取れる金額に間違いかあるのでしっかり比較して選ぶことが大切です。

まとめ

終身保険は老後資金や介護費用の積み立てとして加入する人も増えており、長生きする人か増えている今の日本には重要性の高い保険の一つであり、今後さらにニーズが高まっていくことは間違いないのではないでしょうか。

About Author