洋上風力発電への期待と課題についてInflux社の見方

Home / 洋上風力発電への期待と課題についてInflux社の見方

洋上風力発電への期待と課題についてInflux社の見方

2022年1月28日 | 環境 | コメントはまだありません

日本は地理的に山間部が多く、島国であることから沿岸部にも広大な土地があります。
首都圏の歴史は開拓や地盤改良などの埋め立てをしてきた歴史があり、現在の東京都の下側は過去には海だったことが知られている事実です。
首都圏に人が増加して居住地の拡大をする必要性や、生産工場などを持って文化的な成熟をする過程で国家規模で整地が行われてきました。
近年は石油エネルギーや原子力エネルギーの代替になる、クリーンなエネルギー開発を世界規模で行う取り組みが進められております。

ベンチャービジネスで成功する人の特徴

日本は土地面積の大半を沿岸部や山間部が占めている

日本は土地面積の大半を沿岸部や山間部が占めている関係上、水力発電や地熱発電などの利用や研究が活発に行われてきました。
風の強い地域では試験的に風力発電も導入されておりますが、居住エリアに近い場所にプロペラを設置すると自然環境に強い影響を与えてしまい、竜巻や突風や動植物への影響が大きいために段階的な運用しか出来ません。
たとえば風車を設置して電気エネルギーに変換したとしても、災害の呼び水になってしまったら安全性を著しく低下させることになります。
それから絶滅危惧種の野鳥がプロペラに当たって生息数を減少させたり、地盤がむき出しになり土砂崩れなどを発生させてしまうデメリットも考えられるのです。

風力発電はクリーンエネルギーの代名詞

山間部などの風の強い地域では、計算出来ない突風によって破損を招くことも考えられないことではありません。
降雪や太陽光などの自然環境から、定期的なメンテナンスも必要になりますが山間部ではコストも高くなってしまうのです。
風力発電はクリーンエネルギーの代名詞であり、太陽光発電と同じだけ期待をされております。
しかし前述したように環境に強く左右されることと、メンテナンスコストの高さが導入への厚い壁となっているのです。
反対に気象条件や立地条件さえ安定していれば、比較的に運用障壁は少ないと試算されております。
そこで期待されるのが洋上風力発電なのです。

洋上風力発電とは

洋上風力発電は沖合に基地を設けてプロペラを設置し、運用をしながら電力を生み出すためのシステムになります。
陸上に比べて土地の制約が少ない代わりに、設置コストは高くなるのが特徴です。
メリットとしては風の状況が良いことですが、遮蔽物がないことで年間を通じて安定した発電をすることが出来ます。
土地や道路の制限が少なく、住居が近くにないことから発電時のプロペラの回転による風切り音の騒音問題もクリアし、景観を損ねる心配も少ないことがメリットです。
洋上風車には海の塩水や波に負けない基礎部分の工事費用や、電気を流すためのケーブルの設置のための資金が必要になります。

千葉や福岡の沿岸沿いに洋上風力発電基地が設けられている

当然ですがメンテナンスも定期的に行わなければならないために、以上のことを総合して判断するとある程度の規模の洋上風力発電でなければエネルギー効率のコストが高くなってしまうデメリットがあるのです。
現在は国が主導する形で千葉や福岡の沿岸沿いに洋上風力発電基地が設けられており、今後の普及のためのデータ作成をしている段階になります。
民間の企業やエネルギーベンチャーなども意欲的にプロジェクト展開をしており、グリーンエネルギーの一翼を担うことを期待されているのです。
今後は石油エネルギーの高騰や資源枯渇などを予想して、脱炭素エネルギーにシフト変更していかなくてはなりません。
結果的に二酸化炭素や大気中の温暖化物質削減の二次効果も期待出来るために、再生が可能で持続的な社会を地球規模で実現するための取り組みの柱の一つに育てていかなくてはいけないのです。
研究開発実行のPDCAサイクルによって技術を高め、効率化して運用コストを下げてゆくことが必要になります。

デジタルを活用して制御を行い、情報とシステムを連動させるIOT化

ユーザー単位で見れば代替エネルギーを使うメリットも考えつつ、住居にも省エネシステムなどを導入していくことが社会インフラになり防災対策になるのです。
送電時のロスを減らすことや地域ごとの小規模発電、エリア単位の蓄電システムの導入などで効率化とリスク管理を行う必要があります。
家電がモバイル式になったり、冷暖房がユニット型になるなどの個人単位での電化製品との付き合いが始まると言われているのです。
その中でデジタルを活用して制御を行い、情報とシステムを連動させるIOT化が進められます。
それらの消費を支えるのは洋上風力発電や太陽光発電などのシステムであり、さらに進んだ未来では大気圏からの送電システムなどが考えられているのです。
脱石油エネルギーへ舵を切りつつある現在、移動手段である車も電気自動車やハイブリッド化が話題になり導入されております。

まとめ

持続化可能な社会を作るためには意識を変えながら、生活様式を変化させてローインパクトな暮らしを実現していかなければなりません。
生産性を高めるための新しい農業や工業が模索され、土地開発や住環境も時代に合ったシステムへと転換してゆきます。
そのためには効率的なエネルギー確保が重要であり、日本だけではなく海に囲まれた地域では風力発電に大きな期待が寄せられているのです。

➡️ken’s blog-星野敦氏が代表を務めるInflux – 楽天ブログ

About Author