【特集】経営経験や資金がなくても光本さんのような起業家になれる

Home / 【特集】経営経験や資金がなくても光本さんのような起業家になれる

「お金がないけど起業したい」
「全くの未経験だけど起業家になれるの?」
「光本勇介さんの経歴や評判を知りたい」

光本勇介氏のような新たなビジネスを始める人の事を起業家と呼ぶ事ができ、これになりたいと考える人は少なくありません。
自分が理想とするビジネスを形にできる事、平たく言えば夢が叶えられる事を理由に起業家になりたいと思う人も多いです。
けれども、経営経験や資金がなければなる事ができないと思う人も多いでしょう。
起業家になる場合は自分でビジネスを行っていく必要があり、これを実現するためにはたくさんのお金も必要となります。
光本勇介さんのように経営経験と資金がなければ諦めざるを得ないと思うかもしれないですが、必ずしもこれらが必須というわけではありません。
初めからこれらを持っていなくても、起業して成功している人はたくさんいます。
トップとしての経営経験や十分な資金がない場合でも問題ない理由を知り、その上で目指すかどうか考えてみると良いでしょう。

未経験でも起業する事は可能だと光本勇介氏は言う

会社などで長く経験を積んでいれば、トップまではいかなくても早いうちに経営層というポジションを獲得できる事はあります。
また、親や親族が会社経営を行っているのであれば、世代交代を理由に突然トップに抜擢されても不思議ではありません。
ですが、そのようなケースはほんの一部です。
多くの人は一般社員として会社に勤める事になり、直接経営に関わる可能性はかなり低いと言えます。
確かに、経験があれば新しい場所でも今までのやり方を参考に進めていく事ができますし、いざというときの対処法を知っている事も多いです。
ノウハウがあるので有利に起業できますが、だからと言って経験がない事を理由に起業ができないわけではありません。
ビジネスを始める前に経営について学んだり、実際にビジネスをしながら経験値を増やしていったりする事で、問題ないケースも多い事を知っておくと良いです。
自ら経営に関して学ぶ姿勢や意欲がなければ問題ですが、新たに学びながら実践していく気持ちがあるのであれば未経験でも起業する事は可能だと言えます。

多くが融資を受けてビジネスをスタートしている

資金がない場合、そもそもやりたい事ができないと思うかもしれません。
ビジネスを始めるためには事務所や店舗を用意する費用、製品やサービスをつくるための費用、一緒に働く人に支払う賃金のためのお金など、様々な事に使うお金が必要となります。
貯蓄を使ってビジネスを始める人もいますが、自分の蓄えのみでビジネスが始められるのはレアケースだと知っておきましょう。
実は多くが融資を受けてビジネスをスタートしています。
融資は他者からお金を借りる事です。
金融機関や繋がりのある人物などから借りるケースが多いと言えるでしょう。
ほとんど資金がない状態でも、融資が受けられるのであれば問題ありません。
銀行などの金融機関や知り合いから資金となるお金を受け取る事が可能であれば、ビジネスをスタートさせられます。

クラウドファンディングのようなシステムを活用する

事業のために必要な資金がない場合、銀行融資と知人から借りる方法以外を選ぶ事も可能です。
クラウドファンディングのようなシステムを活用する方法も視野に入れる事ができます。
オンラインで自分がつくりたいサービスや商品を提案し、支援してくれる人を集めるという方法です。
必要となる資金を細かく洗い出しておき、目標金額に設定して募集を開始すれば賛同してくれる人や共感してくれる人が支援してくれる可能性があります。
無事に目標金額を達成する事ができれば支援者から集められたお金を受け取る事ができ、事業費用として製品やサービスをつくる事が可能です。
支援してくれた人に商品やサービスを提供する、特別なものを用意するなどは必要となりますが、銀行融資がダメだった人や知り合いに頼れる人がいない場合に有効な方法だと言えます。

エンジェル投資家を頼る

エンジェル投資家を頼る事で、資金がなくても起業できる事もあるでしょう。
気になった人物に自分のお金を投資して応援している人の事をエンジェル投資家と呼ぶ事ができ、企業のトップとして活躍している人やたくさんの資産を持っている人の中には支援している人もたくさんいます。
コネクションをつくったり、アピールする場に参加して興味を持ってもらったりする必要がありますが、強い協力者を手に入れた上でビジネスが始められるという強みがあるでしょう。
独自性の高い発想であったり、資産家に協力したいと思わせるようなアイデアがあったりする場合は、この方法で資金を用意する事も考えられます。

まとめ

このように、経営経験と資金を持っていない場合でも起業家になる事はできると覚えておきましょう。
2つを持っていないからという理由で、絶対に起業家になれないわけではありません。
寧ろ、どちらもない状態からチャレンジしている人も多い状況なので、理由をつけて諦めてしまう必要はないと言えます。
本当に起業したいという熱い気持ちを持っているのであれば、経験がない事や資金が確保できていない事を理由に諦めるべきではないです。
問題なく新ビジネスに取り組める方法がある事を理解し、挑戦してみると良いでしょう。

 

関連トピックス
光本勇介経歴

About Author