介護求人の特徴と選び方について

Home / 介護求人の特徴と選び方について

介護求人の特徴と選び方について

2021年3月26日 | 介護 | コメントはまだありません

介護求人はヘルパーや福祉士向けの仕事のことで、主に高齢者向けの施設で働く内容が中心だといえます。
少子高齢化時代において需要が高く、常に安定したニーズがある職業ですから、いつでも仕事探しや転職を考えることができます。
勿論、仕事の内容や雇用条件はケースバイケースですし、高待遇の仕事もあれば給与に見合わない仕事もあるでしょう。
その為、収入が得られれば何でも構わないと適当に選ぶのではなく、よく考えて希望条件に合致する仕事を探し、面接を受けて就職することが大切です。

➡︎姫路市の介護求人

やりがいばかりを前面に出す求人には要注意

福祉の仕事は少なからず肉体労働ですし、体力勝負なので無理があると長く続かず、キャリアアップを阻害することにもなりかねないので要注意です。
気をつけた方が良いのはやりがいばかりを前面に出す求人で、肝心の給与が微妙だったり、事前の説明よりも実際の労働がハードな仕事です。
こういう部分は事前に分からないこともあるので、しっかりとリサーチした上で、評判や口コミなどから総合的に良し悪しを判断する必要があるでしょう。
介護業界は常に人手不足といわれていますから、本来であれば需要と供給のバランスにより、求職者が優位な状況のはずです。
しかし中には人手不足を逆手に取り、人材が足りず困っているといって求職者を引きつけようとする施設、職場もあります。
困っている施設を助けるつもりで求人に応募しようとすれば、やりがいを理由に低待遇の雇用条件が提示されてもおかしくないので気をつけましょう。
介護は人の役に立てる仕事で、社会貢献の度合いが大きいですから、気をつけないと簡単にやりがいの搾取が発生します。
これは雇用する側にとっても注意を要するポイントで、業界全体の衰退を招き、本当に人材が必要な時に困ることにならないようにすることが大事です。

雇用主が人材を大切に扱っているかどうかを見極める

雇用主が人材を大切に扱っているかどうかは、雇用条件や待遇を見れば分かるものです。
直感的でも魅力的に感じる仕事は待遇が良いケースが多く、自然と引きつけられたり前向きに面接を受けたくなる傾向があります。
また、問い合わせで好印象を抱いたり、面接によってもっと働きたくなることも珍しくないです。
そういう求人は残念ながら限られていますが、諦めなければ見つかりますし、見つけられると長く働けることに繋がります。
毎日充実したやりがいを感じられますが、このやりがいは雇用主が押しつける類のものとは異なり、労働者の内側から湧き出すもので自然と感じられるのが特徴です。
無理なく働き給与ややりがいに満足したいのであれば、妥協せずに時間を掛けて情報をリサーチしたり、積極的に面接を受けてチャンスを掴むことをおすすめします。
忙しさを理由に就職や転職を先送りにするのは間違いで、今ならインターネットの活用で忙しくても効率的に仕事を探せます。

転職エージェントの力を借りる

嬉しいことに介護職専門のサイトがありますから、こういうサイトに登録して情報を得たり、転職エージェントの力を借りるのも良いでしょう。
人材派遣や人材紹介など、仕事に繋がるルートは様々ですが、大切なのは求職する本人が納得できるかどうかです。
派遣の仕事が楽に感じられるならそれが正解だといえますし、フルタイムでなくても本人が満足ならそれでOKとなります。
当然、やりがいを理由に搾取されないことが大前提で、不満はあるにしても満足のポイントが上回ることが重要です。
介護職は即戦力になる経験が求められる傾向ですから、経験を積めることを前提に求人を探してみるのも手です。
特定の業種に限りませんが、求人情報に目を通すなら予め優先順位を決めておき、重視する項目を比較して篩に掛ける必要があります。
優先順位が定まらないと何を基準に絞り込めば良いか分からず、いつまでたっても面接を受ける最終候補が決まらないままです。

より良い条件で働ける仕事は早くなくなる

介護職は常に仕事がありますが、より良い条件で働ける仕事は早くなくなります。
つまりスピード勝負で早いもの勝ちですから、時間を掛けて仕事を選ぶのが大事とはいっても、あまりダラダラと探している余裕がないのも確かです。
それから興味を持った仕事には積極的にアプローチして、電話で問い合わせてみたり面接を応募するのが正解です。
受け身だと消極的になりがちで面接の応募を決めるのにも時間が掛かり、チャンスがあっても他の人に取られてしまいます。
考えることは大切ですが、同じところをぐるぐると堂々巡りする悩み方はNGです。
考えても結論が出ないことは仕方がありませんし、そういう時は行動してみるのが一番です。
面接で良い結果にならなかったとしても、それは時間の無駄ではなく経験が将来の糧になります。

まとめ

失敗も次に活かせるヒントになりますし、面接の受け方のコツも少しずつ分かってきますから、チャンスがあれば積極的に面接を受けるべきです。
加えて常にキャリアアップを念頭に置いておき、明確なキャリアパスが描けるように上昇志向で仕事に向きあい、自己成長を意識しながら仕事に励むのがおすすめです。

About Author